地域包括ケア病床

医療法人興生会 押川病院は、安心して退院していただける「地域包括ケア病床」を、令和3年12月にオープンいたしました。

「地域包括ケア病床」とは?

「地域包括ケア病床」は、急性期の治療を終了し病状が安定した患者様が、安心して自宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行う病床です。

「地域包括ケア病床」の特徴

  1. 急性期の治療が終了した患者さまが対象となり、在宅復帰等へ向けて経過観察やリハビリ・在宅復帰支援等が必要な方となります。
    具体的には以下の患者様などが対象になります。
    ・ 当院にてもう少し経過観察が必要になる患者様
    ・ 在宅復帰に不安がある患者様
    ・ 在宅復帰に向けて積極的なリハビリが必要な患者様
  2.  

  3. 入院期間は最大60日となります。
    その期間の中で退院に向けて完治を図り、また、ご家族、在宅、および施設に帰ることに向けた準備期間を十分とることができます。
  4.  

  5. 入院費用の中に、リハビリ、投薬料、注射料、検査料、画像診断料、入院基本料などがすべて含まれています。